読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆず日記

戦う Vimmer 兼 Dvorakユーザ 兼 Kinesisユーザ 兼 おぺらー が戦わないブログ

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)にzshとVim7.3とgitを入れる

まずはじめに

いちいちsshで接続するのが面倒なので、.ssh/configに以下の設定を追加する

Host sakura
  HostName example.sakura.ne.jp
  User exampleUser

これで以下で簡単にログインできるようになる

ssh sakura

zsh

さくらには最初からzshがインストールされているので、zshを設定するだけ

chsh -s /usr/local/bin/zsh
Password: ******(ログインパスワード)

.zshrcは既存のモノをFreeBSD用に変更して完了。


参考: 【メモ】さくらインターネットで使うシェルをzshに変更する | mutter


Vim7.3

次にVim7.3。ネットによく転がっているmake方法 + α

Vim7.3 sources

公式見たらVim7.3からextra〜を入れなくてもOKになってた

Omitted in this version are:

  • Extra and lang archives, these are now included in the main source and runtime archives.

Vim - General - Vim 7.3 released!

mkdir ./tmp
cd ./tmp
wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.3.tar.bz2
tar jxvf ./vim-7.3.tar.bz2
cd ./vim73
Vim7.3 patches

ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.3/を閲覧し、最新のpatcheNo.まで

自分の時は475

mkdir patches
cd ./patches

curl -O 'ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.3/7.3.[001-さっき調べた最後のパッチの番号]'
cd ..
cat patches/7.3.* | patch -p0

./configure --enable-multibyte --enable-xim --enable-fontset --with-features=big --prefix=$HOME
make && make install

.vimrcは既存のモノをFreeBSD用に変更して完了。



参考: Latest topics > さくらのレンタルサーバでvimとbashとscreen - outsider reflex


git

cd ~/tmp
wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.7.9.4.tar.gz
tar xvzf ./git-1.7.9.4.tar.gz
cd ./git-1.7.9.4

./configure -prefix=$HOME
gmake && gmake install

gitコマンドを入力して問題なければOK



参考: さくらのレンタルサーバ(スタンダード)にGitをインストール - テクスト讃歌


纏め

これで git clone で自分のdotfilesを持ってきてさくら上でもOS Xと遜色ない環境を構築できますね