読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆず日記

戦う Vimmer 兼 Dvorakユーザ 兼 Kinesisユーザ 兼 おぺらー が戦わないブログ

Mountain LionにBoot CampでWindows XPをインストールする

Mountain LionのBoot Camp アシスタント(Ver. 5.0.1)はWindows 7にしか対応していない為Windows XPをインストールできない。が、以下の方法でインストールできたのでメモ。

必要なもの

ディスクユーティリティでWindows XP用のパーティションを作成する

ディスクユーティリティを立ち上げ、Windows XP用のパーティションとしてMS-DOS(FAT)でフォーマットする。 (スクリーンショットは後撮りなので、サイズは参考にしないでください。)

f:id:Yuzuemon:20121231083000p:plain

Windows XPのインストールディスクを入れてインストールする

"Windows XPのインストールディスク"を光学ドライブに入れMacの再起動をする。 Optionキーを押しっぱなしでOSを起動すると起動ドライブの選択ができるので、その際に光学ドライブ(Windows XPのインストールディスク)を選択してブート。 するとWindows XPのインストールが始まるので画面に従ってインストール。

Windows XP上でBoot Campのインストールをする

Windows XPがインストールし終わったら、Windows XP上で"Snow Leopardのインストールディスク"を読み込む。自動でBoot Campのインストールが開始されるので、従ってインストールを行う。この作業が終わるまでは、殆どのドライバが全く入っていない為ほぼ何もできない...

Boot Campで各種ドライバのインストールが完了すると、サウンド, 無線LAN, Bluetoothなどなどが使えるようになる。FunctionキーもMacと同様に利用可能。