読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆず日記

戦う Vimmer 兼 Dvorakユーザ 兼 Kinesisユーザ 兼 おぺらー が戦わないブログ

Opera強制終了はuimで回避

Linux Mint下のOperaが、日本語入力中に強制終了されてしまう問題があったけど、無事解決しました!

デフォルトの文字入力用パッケージ(?)のscimをアンインストールして、
代わりにuimにしたら突然文字入力を受け付けなくなることも、
突然シャットダウンすることも無くなりました。

ググると、「Operascimの相性が悪い」などの情報があったけど、
やっぱりその通りみたい。

scim関連のパッケージインストールによる回避は色々試したけど、
自分の環境じゃ強制終了が無くなったけど突然入力受け付け無くなったり、
あるいはその逆だったりで、完全な解決までは持っていけなかった。

uimではそんなこと一切なく一発で解決したんで、このままuimを使うことにします。


ただ、今のところWindowsのIMEライクな使い方がイマイチできなかったり、変換候補の表示位置がひどかったりするのでもうちょっと設定をいじってみる必要がありそう。


f:id:metroider:20090726044732p:image
ウィンドウ上部のパネル(タスクバー)やウィンドウバー付近に…
もちろんウィンドウからはみ出してます(笑)