読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆず日記

戦う Vimmer 兼 Dvorakユーザ 兼 Kinesisユーザ 兼 おぺらー が戦わないブログ

MacVim に lightline.vim をインストールしたお話。

Mac Vim

Powerline 系の plugin を今までスルーしていたのだけれども, lightline.vim作りました - プラグインの直交性について - プログラムモグモグ を見て感銘を受けたので lightline.vim をインストールしてみた.

lightline.vim のインストール

itchyny/lightline.vim · GitHub を見ながら設定を行っていく.
または作者のブログ 作者が教える! lightline.vimの導入・設定方法! 〜 初級編 - インストールしよう - プログラムモグモグ で日本語でもインストール手順が書いてあるので, そちらを参考にした方がいいかも.

環境

NeoBundle によるインストール

自分は NeoBundle を利用しているので, そのまま NeoBundle でインストールを行う.
.vimrc に以下を書いて,

NeoBundle 'itchyny/lightline.vim'

:NeoBundleInstall! するだけ.

fontforge のインストールと Ricty フォントの Powerline化

Powerline で利用されている一部の記号を利用する場合にこのフォントが必要.
ここでは Ricty は既にインストールしている前提で話を進める.

まず fontforge をインストールしていない場合には,

% brew install fontforge

fontforge をインストール.

次に, Lokaltog/vim-powerline · GitHub 内の fontpatcher を利用し, vim-powerline 用の font を生成する.

# リポジトリの clone
% git clone https://github.com/Lokaltog/vim-powerline.git 
% cd ./vim-powerline/fontpatcher

# fontpacher の適用
% fontforge -script ./fontpatcher <Ricty フォントのパス>Ricty-Regular.ttf
% fontforge -script ./fontpatcher <Ricty フォントのパス>Ricty-Bold.ttf

キチンと生成されれば, 同ディレクトリ内に Ricty-*-Powerline.ttf が生成される.

% tree
.
├── PowerlineSymbols.sfd
├── README.rst
├── Ricty-Bold-Powerline.ttf
├── Ricty-Bold.ttf
├── Ricty-Regular-Powerline.ttf
├── Ricty-Regular.ttf
└── fontpatcher

生成したフォントを, fonts ディレクトリに移動させる.

% mv Ricty-Bold-Powerline.ttf Ricty-Regular-Powerline.ttf ~/Library/fonts/

これで Powerline 用の Ricty が利用可能となった.

.vimrc の設定

itchyny/lightline.vim · GitHub を見ながら設定していく.
いまんとこシンプルに

" for lightline.vim --------------------
let g:lightline = {
      \ 'colorscheme': 'wombat',
      \ 'component': {
      \   'readonly': '%{&readonly?"\u2b64":""}',
      \ },
      \ 'separator': { 'left': "\u2b80", 'right': "\u2b82" },
      \ 'subseparator': { 'left': "\u2b81", 'right': "\u2b83" },
      \ }

だけ書いており, これから使いながら拡張していく予定.

なお, 自分の場合には .vimrc と .zshrc にそれぞれ以下の追記が必要だった.

" .vimrc
set t_Co=256
# .zshrc
export TERM=xterm-256color

iTerm2 の Preferences > Profiles > Terminal の Report Terminal Type を xterm-256color に設定すれば .zshrc の設定は不要です.


この件や, 他のトラブルシューティングについては前述の

に記載されているのでそちらを参照.